男性

使わないものから生前整理を始めよう|いつか来る時

身の回りを片付ける

女性

家族が困らないために

いつまでも元気で長生きしたいというのが多くの方が願うものです。しかし、生きているものには寿命があり、寿命は避けて通ることができないものです。最近では終活という言葉を耳にすることが多くなってきました。高齢化社会になり、元気な高齢者の方が増えてきた影響もありますが、自分が死んでしまった後に残された家族が困らないようにし、寿命が来るまで身軽で好きなものに囲まれ生活しようとすることです。終活の中にはイベントに参加するようなものもあれば、自分で身の回りを片付ける生前整理と言うものがあります。生前整理では、家の中の押し入れや収納スペースにある物を処分したり、預金などの財産を整理したりします。生前整理をしていくことで、部屋の中も片付き、これからの生活が送りやすくなります。

元気なうちに行う

高齢者の方の中には、生前整理を行うことを自分から好んで寿命に進んで行っているような感じがして抵抗を覚える方もいます。しかし、生前整理というのは寿命に進んで行っているわけではありません。身の回りを整理するということは、自分の身の回りが片付きこれからの生活がスムーズに送れるようになります。生活用品で溢れた家の中では、物につまづいたりすることがあり危険です。このような危険を回避するためにも生前整理は、今後の生活のためになるものです。また生前整理を行なっている時は観光でも、次第に年齢を重ね体が思うように動けなくなることは考えられることです。体が思うように動けなくなってからやろうとしても難しいものがあります。できるだけ健康で体が自由に動くうちに行うことが大切です。

専門家を利用しよう

ダンボール

生前整理は、子供や親族など残された人に迷惑をかけないためにしておくことです。財産が多いという人は目録などを作っておくと名義変更などもスムーズに済ませることができます。また、不用品は専門業者に依頼することで楽に整理ができます。

もっと知ろう

遺される家族のために

作業員

生前整理は、無理やりものを捨てるという意味ではなく、必要なものと不要なものを分けることから始まります。そして、可能であればお子さんと一緒に作業を行い、大切なものを引き継ぐとともに、思い出話を花を咲かせましょう。

もっと知ろう

人生の終焉に向けての準備

ダンボール

人は死ぬ時には何も持っていくことはできません。そのため、死を前にした時には、できるだけ身の回りのものを整理することが必要です。生前整理は自分に必要なものと遺された人に残すものを必要最小限に整理することで、亡くなった後の整理を簡単にすることです。

もっと知ろう