専門家を利用しよう|使わないものから生前整理を始めよう|いつか来る時
夫婦

使わないものから生前整理を始めよう|いつか来る時

専門家を利用しよう

ダンボール

遺言書を残そう

生前整理とは、残された子供や親族に迷惑をかけないように、生前に身の回りの整理をしておくというものです。自分には必要と思っていても、残された人たちには不要となるものも多く、不用品を処分するために多くの時間やお金を必要となるケースもあります。もし、財産が多くあるという人は、まずこの生前整理では財産を目録などを作っておくと、残された人はとても助かります。財産では、名義変更などの必要があり、どのような財産があるのかを事前に知っているのと知っていないのとではこの手続きの面倒さも大きく違います。生前に自分の財産を教えるのは抵抗があるという人でも、弁護士や司法書士などの専門家に相談をしながら、財産の目録や遺言書を作っておくと、子供や親族も手続きをスムーズに済ませられます。

不用品は回収業者に

生前整理を考えて身の回りのものを見ると、意外に不要と感じるものも多くあるものです。自分にとっては思い出にと様々なものを残しているのですが、子供や親族にとっては不要となるものがほとんどです。そのため、この生前整理では思い切って捨てるという心掛けが重要なポイントとなります。思い切って捨てるためには、まず残す必要があるものだけを選びましょう。これさえ選べば後はすべて捨てるだけです。ただ、捨てる必要がある物の中には大きなものもあり、重労働となります。この不用品を捨てる時には、不用品回収業者などの専門業者に依頼することをおすすめします。業者に依頼をすれば、重たいタンスや机などでもすぐに回収してくれます。このような業者を上手く活用して、楽に生前整理を済ませましょう。